2008年11月11日

「青い卵のプリン」−藤沢のスイーツ店が発売、栄養価高く味わい濃厚

1111.jpg スイーツマム湘南(藤沢市石川5、TEL 0466-88-5533)で10月28日より、「青い卵」を使用した「青い卵のプリン」(336円)を販売している。

 青い卵は、藤沢市内の西山畜産から仕入れている鶏卵。南米チリ原産の鶏、アローカナが産む卵で、レシミンという物質を多く含むため青色になる。外敵から守るために保護色がついたという説もあるという。「通常の鶏卵に比べ黄身の割合が多い。ビタミンB1などの栄養価が高く、味が濃厚なのが特徴」と店長の磯見忍さん。

 同店は、お取り寄せ専門店として昨年7月にオープン。近所の客からの要望を受け、今年6月にミニショップをオープン。ホールのみの販売から1カットから購入可能となったほか、「ラズベリームース」(315円)、「ブルーベリーマフィン」(189円)など、ミニショップ限定の商品も扱う。

 「青い卵のプリン」ほか、地卵を使用した「地卵プリン」(315円)として、やわらかタイプとしっかりタイプの2種類の販売も同時に開始。やわらかタイプのトロトロ感を出すために、材料や容器にこだわって試行錯誤を重ね、試作に半年かかったという思い入れの強い商品。

 「子どものアレルギーをきっかけに材料にこだわるように。卵や牛乳のほか、サツマイモやカボチャなども神奈川県産を使い、地産地消を心がけている。『青い卵のプリン』は珍しさもあるが、平飼いされた鶏による安全性の高い卵なので、その卵を使ったプリンをぜひ一度食べてみてほしい」と磯見さん。

ソース元 湘南経済新聞
http://shonan.keizai.biz/headline/629/
posted by はるやすみ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109450483

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。