2009年01月07日

4歳の少年、ベビーシッターに足を踏まれて発砲

 憤慨した4歳の少年が物置から銃を持ち出し、ベビーシッターを撃った。 4日、ネイザン・ビーバースさん (18) はショットガンで撃たれ、腕と脇腹に軽傷を負って入院した。 また、もうひとり別のティーンエイジャーも負傷したと、警察が発表した。

目撃者が警察に語ったところによれば、4歳の少年はビーバースさんに誤って足を踏まれたことに怒ったそうだ。ビーバースさんは他のティーンエイジャー数人といっしょに、移動住宅で数人の子どもの面倒をみていた。

ジャクソン郡保安官ジョン・シャシュティーンは、当局が捜査を行っているところだと述べた。少年の責任が問われることはない見込みだ。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1231315747036.html
posted by はるやすみ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112280743

この記事へのトラックバック

ベビーシッター、信頼と危険性
Excerpt: ある寒空の朝、玄関での会話。
Weblog: 暇人短剣符
Tracked: 2009-01-11 21:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。