2009年01月09日

何とモー、ラッキー「7」

0109-2.jpg 菊池市旭志新明の畜産農家、三池千代人さん(69)の牛舎で、額に数字の“7”が浮かんだウシが飼育されていて、丑[うし]年に「ラッキー7」として話題を呼んでいる。

 生後二十三カ月のホルスタインで、三池さんの妻の千佳子さん(66)が額の数字に気づいた。肥育歴約三十年、現在約三百五十頭を育てる三池さん宅でも「初めて」といい、JA菊池の広報紙でも紹介された。千佳子さんは「幸運のおすそ分け」と、近所にウシの写真を配っている。

 飼料や燃料費の高騰で昨年は厳しい経営を強いられた農家。千佳子さんは「今年は景気が回復して、農家だけでなくすべての人がラッキーな年になってほしい」と話している。

ソース くまにちコム
http://kumanichi.com/osusume/toretate/kiji/20090106001.shtml
ラベル:
posted by はるやすみ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。