2009年01月20日

氷に囚われたガチョウを警察の潜水作業員が救出

 デトロイト郊外で、凍った水場に長いこと座り続けていたため動けなくなってしまったガチョウを警察の潜水作業員たちが救出した。

警察は金曜の夜、シェイディサイド公園のそばの近くのクリントン川でガチョウが動けなくなっていると通報を受けて出動した。

まず、潜水作業員たちとひとりの海兵隊員が、氷にくっついてしまったガチョウの周りに温水をまいた。

それから潜水作業員が氷を少しずつ崩し、1時間以内にガチョウを解放した。 ガチョウは近くの開放水域にいる群れのほうへとよたよた歩いていった。

ガチョウは鳴いた後、「残りの群れといっしょに泳ぎ去った」と、ドン・ウィリス巡査部長は語った。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1232422408802.html
posted by はるやすみ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112892731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。