2009年02月16日

世界一爪の長い女性、事故で爪が折れる

火曜日、ギネスブックに「世界一長い爪の人物」として記載されていたリー・レドモンドさんが交通事故に遭い、その爪が折れてしまった。レドモンドさんは大けがを負ったが、命に別状はないという。

レドモンドさんは1979年以来爪を切ったことがなく、2008年はすべての爪の合計が長さ約8メートル50センチとなり、最も長い右手親指の爪は約89センチにまで達した。

この事故でレドモンドさんはSUV車から放り出され、重傷を負って病院に搬送されたと報じられている。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1234575357262.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。