2009年02月19日

「フランスのスパイダーマン」香港で73階建て高層ビルに登る

 「フランスのスパイダーマン」の異名をとるアラン・ロベールさん (46) が、香港の73階建てのビルを素手でよじ登った。彼は世界の高層建築の壁を登るパフォーマンスで、地球温暖化問題への注目を集めようとしている。

彼はこれまでパリのエッフェル塔やニューヨークのエンパイアステートビルディングやクアラルンプールのペトロナスツインタワーなどの高層建築を、ロープもハーネスもつけずに登ってきた。

17日、ロベールは40分ほどかけてダウンタウンにある長江センター (香港最高の資産家といわれる李嘉誠のビル) を登った。 彼は高さおよそ270メートルのビルのてっぺんから、地上の観衆に手を振った。

彼は後に警察の質問を受けたが、いかなる罪も問われることなく釈放されたとのことだ。

ロベールは、自分がビルを登ることで環境問題に関心が集めることができればいいと語っている。
「地球温暖化は次の世代に影響を与えます。わたしたちが何もしなければ、未来は本当に困難になるでしょう」と、彼は地上で報道陣に語った。

警察はビルの外壁の男性の存在に気づいており、彼は安全であると判断したと、広報担当官が述べた。

ロベールが香港の高層ビルを登ったのはこれが4回目だ。 彼は昨年、この街で45階建てのフォーシーズンズ・ホテルをよじ登った。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1234957321980.html
posted by はるやすみ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。