2009年05月21日

マリファナ取引に失敗した二人組、警察に通報

 20ポンドのマリファナの取引に失敗し、銃を突きつけられて金品を奪われた二人組の男が、警察に通報するという事件があった。

ボルシア郡保安官事務所の発表によると、この男二人は月曜日、マリファナを購入するため現金12000ドルを持ち、取引場所となっていた一軒の民家を訪れた。ところが、民家にいた別の男二人に突然襲われ、持っていた現金を奪われてしまったという。

現金を奪った二人組は現場から車で逃走したが、金を奪われた二人も車で追跡をスタート。一人が追跡中に警察に助けを求めて通報した。

二人組は逃走に成功したが、民家に戻った保安官が現場にいた34歳の男一名を強盗容疑で逮捕した。もう一人は現在も捕まっていないとのこと。

同保安官事務所は、「マリファナを買おうとしていた二人も何らかの容疑に問われることになるでしょう」とコメントしている。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1242782523585.html
posted by はるやすみ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119932237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。