2009年07月29日

映画で「ネズミ」のイメージ向上、ペットとしても人気に

 映画や広告などでは最近、モルモットやハムスターといったげっ歯類がスーパーヒーローなどとして描かれるようになり、そのイメージが向上している。

 先週公開された3匹のモルモットのスパイが活躍するディズニー映画「G-Force(原題)」は、オープニング週末の興行収入が3200万ドル(約30億4000万円)を記録。「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を抑えて1位となった。

 犬が主人公の作品「ボルト」でもハムスターの「ライノ」が主役を押しのけるほどの人気ぶりを発揮。「レミーのおいしいレストラン」では、ネズミがフランス料理店でシェフとして成功する姿が描かれた。

 ロサンゼルスに拠点を置く広告代理店David&Goliathのコリン・ジェフリー氏は、「げっ歯類は確実に流行になっている。今のような時代には、人々は真面目になり過ぎず、楽しみたいと思っている」と分析。アニメーションの技術の向上により、小さな動物の感情表現を豊かにできるようになったのも人気の一因との見解を示した。

 同社は、米アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod( アイポッド)」をつけたハムスターが新車を運転する起亜自動車のテレビ広告を手掛けているが、その映像は動画共有サイト「ユーチューブ」でヒットしている。

 また、ネズミの繁殖やペットとしての飼育を推奨する米協会AFRMAによると、過去10年間でげっ歯類のイメージが良くなったため、ペットとしての人気も高まっているという。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1248774613644.html
ラベル:ネズミ ペット
posted by はるやすみ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。