2009年08月21日

結婚指輪を海に落としたNZ男性、1年4カ月かけ捜し出す

 ウェリントンの港で、調査の仕事中に結婚指輪を海に落としてしまったニュージーランド人の生態学者が、1年4カ月かけて海底に眠っていた指輪を見つけ出した。地元紙が20日、報じた。

 それによると、Aleki Taumoepeauさんが指輪を落としたのは、結婚してからちょうど3カ月経ったころ。指輪を落とした場所をおおまかには覚えており、何度も捜しに戻ったが、なかなか見つからなかったという。

 最終的に、衛星を利用した技術を使って1時間ほど捜索したところ、ついに指輪を発見。Taumoepeauさんは発見時の様子について「指輪の表面全体が輝いていた」と振り返っている。

 Taumoepeauさんと船に乗っていた仲間の話によると、指輪を落とした際、まるで映画「ロード・オブ・ザ・リング」のように指から指輪が離れていったという。同作品は多くのシーンがウェリントンで撮影されている。


エキサイト ニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1250773431401.html
ラベル:結婚指輪
posted by はるやすみ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。