2009年11月24日

大麻の訪問販売をしていた売人が、逮捕されたわけ

 大麻の訪問販売していた男が、絶対に行ってはならない家に行き逮捕された。ブランズビル警察の警官のアパートに大麻を売りに行ったのだ。

この売人は、アンソニー・カラスコ(19)。警察広報によると、このハプニングが起きたのは12日、テキサス大学テキサス・サウスモスト・カレッジ・キャンパスに近いダウンタウンのアパート。ゴンザレスは酔っ払いながら、3オンス(約90グラム)の大麻を持って、家から家を回っていた。そして非番の警官がいたアパートのドアをノックしたのだ。応対に出た警官はすぐに部屋からバッジと手錠を持ってきて、カラスコを逮捕した。

警官によると、カラスコは銃を所持していた。現在、保釈金1万ドルでキャメロン郡刑務所に拘留されている。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1258641929605.html
ラベル:大麻 訪問販売
posted by はるやすみ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。