2009年04月17日

ケニアの男性、襲ってきたニシキヘビにかみつく

 ケニアの男性が、巻きついてきた巨大なニシキヘビにかみつき、数時間格闘した末に撃退した。現地メディアが15日伝えた。

 それによると、インド洋に面するマリンディの農場で働くベン・ニャウンベさんは週末、仕事中にニシキヘビに襲われた。このニシキヘビは農場で飼育されている家畜を獲物として狙っていたとみられる。

 英字紙デーリー・ネーションに対し、ニャウンベさんは「地面のスポンジのような物を踏んだとたん、足に大きなニシキヘビがからみついてきた」と語った。ニシキヘビが上半身に巻きついてきた時、苦肉の策として「かみつく」手段に出たとしている。

 ニャウンベさんは木の上に引きずり上げられたが、ニシキヘビの巻きつく力がゆるんだすきにポケットから携帯電話を取り出し、助けを求めたという。

 農場の上司が警察と一緒に現場に到着した時、ニャウンベさんはシャツでニシキヘビの頭を覆っており、助けに来た人はロープを使ってニシキヘビを引き離そうとしていた。

 ニャウンベさんは口のけがと木から落ちた際の打ち身だけで助かり、捕らえられたニシキヘビは袋の中から逃げ出したという。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239843303317.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

食事中にオナラした男性、一緒にいた友人に刺される

 オナラしたことが原因で、一人の男性が刺される事件があった。ヒューストン方面からやって来た男性5人組が、ウェイコにあるモーテルの一室を仲良くシェアしていた。ところが火曜日の夜、この部屋で男性2人が食事していたところ、1人が食事中に突然オナラをしたという。

すると、一緒にいたもう1人が激怒、オナラをした男性にナイフを投げつけた。男性は投げつけられたナイフで脚に切り傷を負ったが、もう1人の怒りはそれでも収まらず、さらにナイフで男性の胸部を刺したという。

刺された男性(35)は病院で治療を受け、命に別状はない。また、ナイフを投げつけた男(33)は加重暴行容疑などに問われて拘置されているが、不法に米国に滞在していた疑いがあるため、はっきりしたことが分かるまでは保釈金を支払っても釈放はされないという。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239411635280.html
posted by はるやすみ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

1時間に3件の交通事故、女性は幸運にも軽症

ドイツ人女性が1時間に3件の交通事故に関与し、車7台が損害を受けたが、本人は軽症だった。地元警察が7日、伝えた。

 バルト海のリゾート地、ウーゼドム島を訪れていたベルリン出身の69歳の女性は、スーパーマーケットの駐車場から車を出そうとして、3台の車にぶつかった。その後、間違ってアクセルを踏み込み、芝生の上を暴走して近くの家に激突。さらに救急車で搬送される途中で、トラックに衝突されたという。

 警察の報道官は「どの事故でも重傷を負った人が出なかったのだから、彼女は幸運だ」とコメントした。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239161124151.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

孫を乗せて165キロで暴走した女性、DMVの職員だった

 10歳の孫を乗せ、時速約165キロで暴走した女性(53)が日曜日に危険運転などの容疑で逮捕・起訴されたが、この女性、オレゴン州DMV(車両登録や運転免許関連の業務を扱う部局)の職員で、現在休暇中だったという。

女性は「スピードを出し過ぎではいけない、ということを孫に教えていた」などと供述しており、1988年からDMVに勤務、3月16日から休暇を取っていた。

DMVは女性の休暇理由は明らかにしておらず、また、今回の逮捕により女性を解雇するかどうかも発表していない。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1238810224340.html
ラベル: DMV 暴走 165キロ
posted by はるやすみ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

マクドナルドでランチは用意できないと言われた客、散弾銃で発砲

ソルトレイクシティのマクドナルドで、この時間はまだランチを出していないと言われた客が銃弾を撃ち込んだ。警察によれば、日曜朝、女性が白いダッジ・インターピッドを運転してドライブスルーに停まり、ランチメニューを注文したが、店員は朝食メニューしか用意できないと告げた。

すると2人の男性が車から降り、そのうちの1人がトランクから銃身の短い散弾銃を取り出して、ドライブスルーの窓に向かって1、2回発砲した。車はそれから逃走した。
『ソルトレイク・トリビューン』紙が月曜に報じた。負傷者は出なかった。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1238554113783.html
posted by はるやすみ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

追跡中の銀行強盗と別の銀行でばったり

 ブロンクスで銀行強盗に失敗した男を追っていた警察は、26日、別の銀行でこの男に偶然出会った。この男性 (55) が空気銃を手に怯えた出納係にメモを渡していたところを、警官たちが取り囲んだ。

警察は別の銀行支店での強盗未遂事件以後、この男性を捜して近隣で聞き取り捜査を行っていた。
容疑者は特に抵抗せずに逮捕されたとのこと。

逮捕に関わった警官のひとりマイケル・ゴンザレスは、自分と同僚はちょうど正しい時に正しい場所にいたと、『ニューヨーク・デイリー・ニュース』に語った。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1238454788925.html
posted by はるやすみ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

隣人の車に火炎瓶を投げつけた男、風向きで自分の車が炎上

 隣人と口論となり、激怒した男(51)が火炎瓶を隣人の車に投げつけたが、風向きが変わって自分の車2台、ピックアップトラック1台、旅行用トレーラ1台が炎上してしまうという事件があった。

フロリダ州ハイウェイパトロールによると、事件があったのは火曜日の夜のことで、男は酔っぱらっていたと考えられている。

男は放火など複数の容疑に問われており、オレンジ郡刑務所に拘置されている。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1238290467518.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

スクールバスでおならをした生徒に3日間の乗車禁止 米フロリダ州

 米フロリダ州で、8年生 (日本の中学2年生相当) の生徒が、おならをしたと責められてスクールバスの利用を3日間禁じられた。バス運転手は、15歳の少年が月曜日バス乗車中におならをして他の子どもたちを笑わせ、息ができないほどの悪臭を発生させたと記した。翌日、少年に乗車禁止が言い渡された。

ポーク郡の学校職員は、おならに関する規則は存在しないが、バスで騒ぎを引き起こすことを禁じる規則はあると述べている。

少年はおならをしたのは自分ではないと主張している。

真相はどうあれ、彼は軽い罰で済んだのだと言えるかもしれない。昨年11月、スチュアート校の13歳の生徒が授業中におならをしたとして逮捕されている。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1237877104631.html
posted by はるやすみ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ゴルフ場のフェアウェイで手榴弾が発見される

ティーショット後に自打球を見失ってしまったゴルファーがボールを探していたところ、フェアウェイに半分埋まった手榴弾を見つけたという。

手榴弾が発見されたのは「Augusta Municipal Golf Course」の8番ホールのフェアウェイで、リッチモンド郡保安官事務所の不発弾処理班が駆けつける騒動となり、安全を確保した後に爆発させて処理を行った。

処理班のチャールズ・ムルヘリン氏によると、発見されたのは“パイナップル”との愛称で知られるMk.2手榴弾で、第一次世界大戦終盤からベトナム戦争の頃まで使用されていたもの。現地では最近激しい雨が降ったため、埋まっていた手榴弾が地表に出てきたとみられている。

手榴弾が“生きている”のかどうか分からなかったため、爆発処理を行ったとムルヘリン氏は説明。また、現在ゴルフコースとなっているこの場所は、第一次世界大戦中に米軍のキャンプ地の一角だったという。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1237683519743.html
ラベル:ゴルフ場 手榴弾
posted by はるやすみ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

野生の七面鳥、バイクでツーリング中の男性を病院送りに

23歳の男性をオートバイからたたき落とし、鎖骨を折った犯人は野生の七面鳥だった。日曜の午後、ジェフリー・ラッセルさんが友人とバックフィールドのルート117をバイクで走行していると、野生の七面鳥がまっすぐ胸に飛び込んできてラッセルさんを後方へとたたき落とした。その衝撃は「時速45キロでボーリング用のボールをぶつけるようなもの」だと米メイン州警察の警官コーリー・ハッキンスは語った。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1237323361295.html
posted by はるやすみ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。