2009年01月06日

商売繁盛『ネコの恩返し』 高崎・電器店の『みいちゃん』

0106-2.jpg ワタシは雌ネコの「みいちゃん」。一年ほど前、高崎市の商店街近くで捨てられ、足が悪くて困っていたの。電器店の店主さんが拾ってくれ、毎日店頭で寝てたら、通行人がなでたついでに商品も買ってくれるように。最初は乾電池ほどだったのが、十万円を超える液晶テレビにまで。商店街では「これが本物の招き猫」「ネコの恩返し」と話題になっているわ。 (菅原洋)

 このネコを拾ったのは、同市田町の電器店「ダイイチストア」社長の高橋充さん(70)。高橋さんによると、高崎神社で捨てられた子ネコを見つけた。愛らしく擦り寄る動きが不自然で、右前足のまひが分かり、高橋さんが飼うことにした。

 ネコは店頭などで寝ているのが習慣。従業員や客は「野良猫だったのに、これだけ人に懐くのは珍しい」と口をそろえる。

 この魅力に誘われ、ネコをかわいがった後に最寄り品を買う人が続出。ともに約二万円のDVDプレーヤーや家具調こたつ、ついに十万円を超える液晶テレビまで売れた。花束を贈る客もいる。

 液晶テレビとこたつを買ったのは同市の旧榛名町に住む五十代の主婦。ネコがきっかけで郊外からバスで訪れるこの主婦は「自宅にも十数匹いるネコ好き。みいちゃんが店にいるから、テレビやこたつを買ったのは事実」と率直に認める。

 店の近くに住み、DVDプレーヤーを買った平林敏夫さん(76)は毎日のように来店し、餌を持参することも。「子どもの時からネコが好きなのに、自宅がマンションで飼えない。この店で商品を買う際は『みいちゃんから買うんだ』と言って買う」と目を細めた。

 この“福ネコ”の話題を聞き付け、地元の商工会議所会報やラジオ局、業界新聞でも取り上げられた。

 全国的には、和歌山県の和歌山電鉄などでネコが駅長を務め、実際に集客に効果が出ているケースもある。

 高橋さんは高崎大通り商店街組合の組合長を務めており、近くの高崎駅でのヤマダ電機開業や郊外の大型店進出が頭痛の種。「店の周囲を歩き回るこのネコが、商店街全体の“アイドル”や“看板娘”として活性化につながってほしい」と期待を込めている。

東京新聞WEB
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20090105/CK2009010502000119.html
posted by はるやすみ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

たま駅長仕事始め 就任2周年、「ナイト」のマントで

0105-2.jpg たま駅長も始動――。和歌山電鉄貴志川線の貴志駅(和歌山県紀の川市)で4日、猫のたま駅長の就任2周年記念式典があり約300人のファンが集まった。

 昨秋、県から「和歌山県勲功爵(わかやまでナイト)」の称号が贈られたのに合わせ、同社から紺のマント、ダチョウの羽で飾った駅長帽がプレゼントされた。

 「驚くような経済効果を生み、『たま』げるような活躍」と小嶋光信社長。年末と正月三が日が休みの駅長は休養十分だったせいか、機嫌良くカメラに応じていた。


ソース アサヒドットコム
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK200901040045.html
posted by はるやすみ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

“ひこにゃん”彦根城のすす払い 愛きょう振りまき、ファン歓声

1216-2.jpg 1年間の汚れを落とす「すす払い」が15日、滋賀県彦根市の彦根城で行われ、管理事務所職員ら35人が、天守の屋根裏などのほこりを丁寧に払い落とした。城を住みかとする「ひこにゃん」も三層部分で手伝った。

 すす払いは午前9時にスタート。マスク姿の職員らが、長さ3−5メートルのほうきで屋根裏などをはたくと、ほこりが舞った。

 ひこにゃんは、高さ約16メートルの天守三層の窓から高欄(こうらん)付き廻(まわ)り縁(えん)に登場。ほうきで瓦や白壁をきれいにしながら、愛きょうを振りまき、集まったファンは歓声を上げた。

 東京都東村山市の女性会社員(47)は「ひこにゃんを見るために、会社の出勤時間をずらして来ました。何をやってもかわいい」とご満悦だった。

ソース 京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008121500063&genre=J1&area=S00
posted by はるやすみ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

松ぼっくりトトロに大喜び

1201-2.jpg 香川、徳島両県産木材をPRするイベントが29日、綾川町のイオン綾川ショッピングセンターで始まり、家族連れらでにぎわった。会場には、香川県内の森林で拾った1万個の松ぼっくりを使って制作された、宮崎駿監督のアニメ映画のキャラクター「トトロ」の巨像が飾られ、子どもたちの人気を集めた。30日まで。

 森林組合や自治体などでつくる香川流域森林・林業活性化センター(高松市)と吉野川(三好)流域林業活性化センター(徳島県三好市)が、香川県産ヒノキと徳島県産杉の需要拡大を図ろうと企画。ヒノキや杉をふんだんに使ったモデルルームやおもちゃなどが展示され、木造住宅の新築・改築の相談会が行われた。

 巨大トトロ像は高さ2・1メートル、胴回り3・6メートル、重さ100キロ。香川県森林センター(まんのう町)の職員とボランティア10人が、苗木生産用の種を取るために拾い集めた松ぼっくりを針金でつなぎ合わせ、竹で作った骨組みに張り付けるなどし、約2か月かけて完成させた。

 映画に登場するトトロそっくりの出来栄えに、子どもたちは大喜び。ふっくらとしたおなかを触ったり、記念撮影したりしていた。トトロと写真に収まった高松市木太町の松原百葵(もあ)ちゃん(4)は「おっきくてかわいい。松ぼっくりでどうやって作ったのかな」と笑顔で眺めていた。

ソース元 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20081129-OYT8T00780.htm
posted by はるやすみ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。