2009年04月23日

盗んだフォークリフトで電柱に衝突の男性を逮捕

水曜の朝にフォークリフトを盗み、わずかな間だがゆっくり公道を走って道路標識と電柱にぶつかった38歳の男性が逮捕された。彼はガソリンを使い果たした後、地元病院でアルコールおよび薬物中毒の治療を受けた。

男性には盗難車の所有と1万ドル以上の窃盗の容疑がかけられている。

また警察によれば、彼は保険証明の類を持っておらず、運転免許証の期限は切れていた。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1240406049888.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

オットセイのんびり、岩場で日なたぼっこ いわきに出没

0422-2.jpg いわき市の豊間海岸に20日、オットセイが現れ、岩場で休む姿が地元住民の話題を集めている。
 オットセイを目視で確認したアクアマリンふくしまの職員によると、性別はオスで体重は約100キロと推定され、海岸に近い岩場に姿を見せるのは珍しいという。
 同海岸近くの自営業金成伸一さん(50)は「近所の人たちが1週間ぐらい前からオットセイの姿を目撃していたみたいだ」と話した。
 20日は、午前9時すぎごろから岩場に上がり「日なたぼっこ」を楽しむオットセイの姿が見られた。その光景を一目見ようと近所の住民や保育園児らが訪れ、遠目に熱い視線を送っていた。


ソース 福島民友ネット
http://www.minyu-net.com/news/news/0421/news11.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

日本の清掃団体がパリをクリーンアップ

 日本の清掃団体「グリーンバード」のパリチームのメンバーらが19日、毎年多くの日本人観光客が訪れるパリのシャンゼリゼ通りを掃除した。

 パリでは、市当局の清掃員ら5000人が2400キロにわたる歩道を毎日掃除しているが、タバコの吸殻やファストフードのパッケージの投げ捨てのほか、イヌのふんの放置が後を絶たない。

 2003年に東京・表参道で設立された同団体は、現在日本全国で多くのチームが「清掃活動」を展開している。

 パリチームは、銀行員と学生の2人が発起人となり2007年に設立された。

ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1240217618527.html
posted by はるやすみ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

80歳男性、強盗から銃を奪って撃退に成功

オマハで酒屋を営む80歳の男性が、とっさの機転で強盗を撃退することに成功した。

水曜日、フロイド・ウエストブルック氏が閉店作業をしていたところ、スキーマスクをかぶった男が突然店に入ってきたという。その後、男はウエストブルック氏に銃を突きつけて金を要求した。

現金を取り出そうとレジを開けたウエストブルック氏は、強盗がレジ内の現金に気を取られている隙に男が持っていた銃を奪い取ることに成功。わずか19ドルの現金しか奪えなかった強盗は、「撃たないでくれ!」と叫びながら逃げ去ったという。

初めて強盗事件にあったと話すウエストブルック氏だが、「全く怖くなかった」とコメントしている。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1240019203565.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ケニアの男性、襲ってきたニシキヘビにかみつく

 ケニアの男性が、巻きついてきた巨大なニシキヘビにかみつき、数時間格闘した末に撃退した。現地メディアが15日伝えた。

 それによると、インド洋に面するマリンディの農場で働くベン・ニャウンベさんは週末、仕事中にニシキヘビに襲われた。このニシキヘビは農場で飼育されている家畜を獲物として狙っていたとみられる。

 英字紙デーリー・ネーションに対し、ニャウンベさんは「地面のスポンジのような物を踏んだとたん、足に大きなニシキヘビがからみついてきた」と語った。ニシキヘビが上半身に巻きついてきた時、苦肉の策として「かみつく」手段に出たとしている。

 ニャウンベさんは木の上に引きずり上げられたが、ニシキヘビの巻きつく力がゆるんだすきにポケットから携帯電話を取り出し、助けを求めたという。

 農場の上司が警察と一緒に現場に到着した時、ニャウンベさんはシャツでニシキヘビの頭を覆っており、助けに来た人はロープを使ってニシキヘビを引き離そうとしていた。

 ニャウンベさんは口のけがと木から落ちた際の打ち身だけで助かり、捕らえられたニシキヘビは袋の中から逃げ出したという。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239843303317.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

「せんとくん」の彼女に立候補…奈良・葛城市、女の子キャラ

0416-2.jpg 奈良県葛城市は15日、市内にある当麻寺(たいまでら)ゆかりの中将姫にちなむマスコット・キャラクターを発表した。市は「平城遷都1300年祭の公式マスコット・せんとくんの彼女に」とラブコールを送っている。

 中将姫は奈良時代、同寺の国宝「当麻曼荼羅(まんだら)」を一夜で織り上げたという。キャラクターは黒髪に赤いリボンを着けた和服姿の女の子で、同市出身の漫画家木下聡志さんがデザインした。

 着ぐるみの完成を待ち、22日に県庁でせんとくんと対面して恋文を手渡す予定で、市は「せんとくん人気で、全国区の看板娘に」と期待している。

ソース ヨミウリオンライン
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090415-OYT1T00800.htm?from=y10
posted by はるやすみ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

レゴブロックのキリスト像、スウェーデンの教会で公開

0414-2.jpg スウェーデンの教会に集う人々が3万個のレゴブロックで作った高さ1メートル80センチのキリスト像が公開された。

40人の有志が1年半かけて小さなプラスチックのレゴブロックを組み立て、キリストが両腕を広げて立っている像を作り上げた。

レゴ像は12日の復活祭礼拝でお披露目され、中央スウェーデンの都市ベステロスのオンスタ・グリタ教会は400人の参拝者で満員になった。レゴ像は祭壇のうしろに展示され、子どもたちの一部は我慢できずに作品に手を触れはじめた。

教会の広報担当者パー・ワイルダーさんによれば、この像はコペンハーゲンで公開されているデンマーク人彫刻家ベルテル・トルバルセンの「クリストゥス」という作品をなぞって作られたそうだ。

また、レゴ像は真っ白に見えるが、教会に寄付されたレゴブロックの多くは他の色で、それらは内側に使われているそうだ。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239646918746.html
ラベル:キリスト像 レゴ
posted by はるやすみ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

食事中にオナラした男性、一緒にいた友人に刺される

 オナラしたことが原因で、一人の男性が刺される事件があった。ヒューストン方面からやって来た男性5人組が、ウェイコにあるモーテルの一室を仲良くシェアしていた。ところが火曜日の夜、この部屋で男性2人が食事していたところ、1人が食事中に突然オナラをしたという。

すると、一緒にいたもう1人が激怒、オナラをした男性にナイフを投げつけた。男性は投げつけられたナイフで脚に切り傷を負ったが、もう1人の怒りはそれでも収まらず、さらにナイフで男性の胸部を刺したという。

刺された男性(35)は病院で治療を受け、命に別状はない。また、ナイフを投げつけた男(33)は加重暴行容疑などに問われて拘置されているが、不法に米国に滞在していた疑いがあるため、はっきりしたことが分かるまでは保釈金を支払っても釈放はされないという。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239411635280.html
posted by はるやすみ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

那須・堂の下の岩観音 水鏡に映える幻想美

0410-2.jpg 那須町芦野の町指定文化財「堂の下の岩観音」でライトアップが始まり、ほころび始めた桜や観音堂、芦野石の岩肌を美しく照らし出している。水を張った手前の田んぼが水鏡となり、幻想的な風景を演出している。

 岩観音は約三十メートルの高さに張り出した岩肌の中腹に、朱色の屋根の観音堂がたたずむ。北側に樹齢百五十年を越えるエドヒガンやソメイヨシノなど四種の桜が植わり、記念切手「2009さくら紀行関東50選・栃木編」にも選定された。

 ライトアップは今年で四年目。檀家らはあぜを菜の花で彩るなど景観づくりに取り組んでいる。今年は石階段の上り口にしだれ桜の苗木二本を植樹。南側には二十五台分の第二駐車場も整備した。

 ライトアップは二十六日(午後六時−同九時)まで。国道294号沿いの東陽中から西側に確認できる。

ソース 下野新聞
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20090409/134233
posted by はるやすみ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

1時間に3件の交通事故、女性は幸運にも軽症

ドイツ人女性が1時間に3件の交通事故に関与し、車7台が損害を受けたが、本人は軽症だった。地元警察が7日、伝えた。

 バルト海のリゾート地、ウーゼドム島を訪れていたベルリン出身の69歳の女性は、スーパーマーケットの駐車場から車を出そうとして、3台の車にぶつかった。その後、間違ってアクセルを踏み込み、芝生の上を暴走して近くの家に激突。さらに救急車で搬送される途中で、トラックに衝突されたという。

 警察の報道官は「どの事故でも重傷を負った人が出なかったのだから、彼女は幸運だ」とコメントした。


ソース エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1239161124151.html
posted by はるやすみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。